ベトナムニュース

​ハノイ:2050年までに都市鉄道9路線と新空港を整備(VIETJO)

09/03/2017 04:58
グエン・タン・ズン前首相が在任中に承認した「2030年までの首都ハノイ市交通運輸計画及び2050年までのビジョン」によると、ハノイ市では2050年までに総額1235兆3800億VND(約6兆0600億円)を投じて都市鉄道9路線や新空港などを整備する。

計画の内訳は、◇道路案件(1万5989ha):523兆7770億VND(約2兆5700億円)、◇鉄道案件(2539ha):646兆5250億VND(約3兆1700億円)、◇空路案件(1731ha):45兆3290億VND(約2220億円)、◇水路案件(394ha):19兆7500億VND(約968億円)となっている。  道路と鉄道の交通インフラ計画については、ホン川やドゥオン川、ダー川、ダイ川に架かる各橋を建設するほか、18駅から成る国家鉄道駅システム、総延長約320kmの都市鉄道9路線などを整備する。  中心部の都市鉄道システムは、1号線が全長36km、2号線が同42km、2A号線が同14km、3号線が同26km、4号線が同54km、5号線が同39km、6号線が同43km、7号線が同28km、8号線が同37kmとなる。  空路については、ノイバイ国際空港を改修し、2020年までの年間旅客処理能力を2000万~2500万人に、2030年以降は5000万人に引き上げる。年間貨物処理能力は、2020年までに26万t、2030年以降は50万tへと増加する見込み。  ノイバイ国際空港に次いで市内2か所目となる国際空港の新規建設も計画されている。これにより、この新たな空港はノイバイ国際空港、ザーラム空港、バックマイ空港、ホアラック空港、ミエウモン空港に次いで市内5か所目の空港となる。  また、水路は、年間貨物処理能力が計750万tの主要港湾4か所を整備する。具体的には、ハノイ港(ホン川)、クエンルオン港(同)、フードン港(ドゥオン川)、ダーフック港(コン川)の4か所。