ベトナムニュース

​ベトナムの16年GDP成長率予想、世界2位の見通し(ブルームバーグ)(VIETJO)

09/03/2017 04:57
米ブルームバーグ(Bloomberg)が発表した2016年の経済予測に関するレポートによると、ベトナムの2016年の国内総生産(GDP)成長率は約+6.6%で、東南アジア地域で1位、世界93か国・地域では2位に入ると見込まれている。

2016年の経済成長率の世界1位はインドで+7.4%。ベトナムとバングラデシュが共に+6.6%で2位となっている。続いて、◇4位:中国(+6.5%)、◇5位:スリランカ(+6.4%)、◇6位:ケニア(+6.1%)、◇6位:パナマ(同)、◇8位:フィリピン(+6.0%)、◇9位:ウガンダ(+5.6%)、◇10位:ドミニカ(+5.4%)の順。  一方、経済成長率ワーストランキングの1位はベネズエラ。続いて、◇2位:ブラジル、◇3位:ギリシャ、◇4位:エクアドル、◇5位:ロシア、◇6位:アルゼンチン、◇7位:日本、◇8位:フィンランド、◇9位:クロアチア、◇10位:スイスとなっている。このうち、ワースト5の各国のGDP成長率はマイナスになると予想されている。日本は+1.0%の見込み。  これに先立ち、英国の経済専門紙「エコノミスト」の調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット(Economist Intelligent Unit=EIU)は、ベトナムの2016年のGDP成長率を約+7.0%と予想し、経済成長率が最も高い国・地域の世界ランキングで9位に入るとしている。